世界を巡るブロガーが見た門司港Mojiko seen by blogger

2017年5月8日

プレミアホテル門司港の客室のご紹介


IMG_6184

最近北九州にジンエアーが新規就航し沢山の方々が旅行を考えていると思う。以前から北九州の魅力を感じる為、福岡からわざわざ来る方も多かったと聞いている。せっかく定期便が就航したので北九州まで足を延ばしてみようと考えている方が多いと思う。

IMG_6113

そんな方の為におすすめしたいホテルは、門司港にあるプレミアホテル門司港である。こちらのホテルは北九州の中心地の小倉まで3駅、対岸の下関までフェリーで5分と北九州及び下関を観光する予定の人にとって最高の立地条件にあり選択肢として考えるべきホテルである。

IMG_7155

今から紹介するプレミアホテル門司港はJR門司港駅から徒歩5分距離ですぐ探せるし、門司港レトロの中心にあり周りには展望台、九州鉄道博物館、海峡ドラマシップ、旧大阪商船など門司港の周るべき観光地に近く、どこも便利に行けることが特徴だ。ここでの宿泊を考えている方のため、ここの全ての客室を簡単に紹介しようとおもう。

IMG_6230

スイートルーム(2室、8階、39.58)

プレミアホテル門司港を外観から見ると曲線模様で感覚的なデザインだ。これはイタリアの巨匠建築家アルド・ロッシが生涯最後に設計したホテルでまるでサメのような形をしている。スイートルームは2室あるが、外観から見ると両側の目に該当するところがスイートルームである。

IMG_6232

リビングルームとベッドルームが別々にあり、寛いで休むことができ家のようなこじんまりとした雰囲気を味わうことが出来る。また天井が高くて更に空間が広く感じる。

IMG_6257

丸い窓から見える眺望は関門海峡側とレトロ街側と2種類ある。

IMG_6255

IMG_6236

周りには展望台を除いて高い建物がなく、綺麗な眺望を臨むことが出来る。夕焼けと夜景が素敵で家族で利用する方が多いらしい。

IMG_6238

IMG_6249

リビングとベッドルームが分かれており、大きい窓側から自然光が注いでくる点からゆったりと宿泊をできると思う。

IMG_6241

また、温かいお茶とコーヒを楽しめるし、空気清浄器の貸出もあるそうだ。

IMG_6245

IMG_6246

お手洗いがとても広いのがスイートルームの特長だ。多様なアメニティ、快適な広さで利用できるお風呂で満足感が倍増するのは間違いない。

IMG_6635

ジュニアスイートルーム (2室、6, 39.58)

ジュニアスイートルームもスイートルームと同じようにリビングとベッドルームが分離していて、2部屋で構成している。

IMG_6635

また同じくリビングルームにはゆったりできる広い空間と二つの大きい窓、またお茶等が作れるポットなどが置いてあった。

IMG_6636

マッサージチェアがある点がとても独特だが婚礼の着替え室としても使うそうなので準備があるそうだ。ジュニアスイートに宿泊すればマッサージチェアが利用し放題で利用できます。

IMG_6626

IMG_6627

窓からの眺望もきれいに望めるのでとても浪漫的な一日を過ごせることができるでしょう。

IMG_6630

IMG_6632

スイートルームと同じくお手洗いが広いので快適に使えることも特長である。

IMG_6272

和室 ( 3, 6, 50.18)

洋式の客室が多いホテルの中ちょっと変わった宿泊ができる和室。プレミアホテル門司港には和室が3室もある。

IMG_6284

典型的な旅館の雰囲気で成り立っている和室は入った瞬間心地よい畳の香りが漂って、日本らしい雰囲気を満喫できて更に満足した部屋だった。

IMG_6273

広さから考えるとスイートルームより広いので家族旅行で利用するのが思う。

IMG_6276

IMG_6278

寝処もゆったりしていて畳の上に布団を敷いて寝る形になりますので洋式ベッドに慣れてないお年寄りには嬉しい空間だと思う。日本の旅館スタイルを希望して日本を訪れる観光客にはこちらのお部屋タイプをお勧めしたいと思う。

IMG_6279

お手洗いの前にはやはり電気ポットとお茶が用意してあった。カップの数から見れば最大4人まで泊められそうなので、家族旅行には和室をお勧めする。

IMG_6280

IMG_6281

お風呂は旅館のプライベートお風呂のような感じでお風呂が他の所より深く、半身浴に最適そうだった。この和室なら日本に来たという実感をさらに感じさせてくれると思う。

IMG_6184

ダブルルーム (30, 4-9, 20.41-22.47)

プレミアホテル門司港の通常のルームの一つで、大きいベッドが置いている清潔感のある客室だ。この部屋スタイルもツインと同じく関門海峡と門司港レトロビューがあり、広い窓眺望を眺めることが出来る。

IMG_6264

利用できるアメニティも充実しているのでカップルや友達同士で旅行する時に利用すると良さそうな客室だ。

IMG_6265

普段の日本のビジネスホテルよりお風呂も広くて快適だということも良い点です。ダブルルームはこの前紹介したツインルームと似たような部屋なので旅行スタイルによって選ぶといいと思う。

以上が、プレミアホテル門司港の全客室だ。北九州での宿泊を考えている方は、それぞれのお部屋の特性を考慮して利用するといいと思う。小倉、門司港、下関の中点に位置するこちらのホテル、絶対に満足するだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ
カテゴリー